葉酸は不妊治療にも効果あるの?

nayami

葉酸の有用性については、妊娠したいと考える多くの女性の間で既に注目されています。

そして、不妊症に悩まされ続けている方にとっては、ますます摂取の方法にについて検討する価値があります。この頃では、マカなどとあわせて葉酸を摂取している女性が増加しているといわれています。葉酸の摂取量については、インターネットや雑誌などを通じて調べてみればいくらでも出てきます。

しかし葉酸の不妊症への効果については、現在でも明らかではないことが色々あります。

妊娠中の女性にとって大切とされている栄養素のひとつが葉酸です。葉酸は胎児の先天性異常の発生リスクを減らして、新しい細胞や血液がつくられる補助をする栄養のため、女性が妊娠する前から摂取することがすすめられています。

そんな葉酸は、「不妊の方にこそ大切」という方もいますが、それは事実なのでしょうか?
結論より言えば、不妊治療にダイレクトな効果があるかといったら、そうとは言えません。葉酸サプリを飲んだからといって、妊娠が容易になるということではありません。ただ、葉酸には遺伝子を正常に保つ働きや、流産を抑止する効果がありますので、葉酸を摂っておくことで胎児が発育しやすい体づくりが果たせると考えても良いでしょう。

健康な命は健康な母体に宿ると言われていますので、妊娠を望んでいる方こそ葉酸を積極的に摂りたいですね。また、葉酸が重要なのは妊娠初期ですから、妊娠前から葉酸を摂っておくことで、実際に妊娠した場合に胎児が元気に育つ効果があると言うことができます。

上記のことから想像すれば、不妊で悩む方こそ、日頃の暮らしから葉酸を摂るように意識して、いざ妊娠した瞬間に良い環境で赤ちゃんを育てていくことができるようしたいところです。不妊治療を行う外来では、夫婦そろって葉酸を摂ることを推奨する病院もあるみたいですね?

 

葉酸は着床を助けてくれる?

葉酸には細胞を正常に保つ働きや、血や新しい細胞をつくる働きがあり、それは胎児においては必要不可欠なものです。

特にその効果があらわれるのは「着床」の段階です。受精卵が子宮に着床後、たびたび細胞分裂を繰り返して胎児に育っていく段階で、葉酸は重要な助けをしてくれるのです。その後も成長を続けていく胎児にとって、新しい血や細胞をつくる助けとなる葉酸は、ほんとに貴重な働きを示してくれます。葉酸は流産を防いでくれることについては、こういった理由からだといえると考えます。

妊娠中の女性には葉酸の摂取が推奨されていますが、先述のように葉酸は着床の手助けをし、妊娠生活を手助けしてもらえるため、もとは妊娠前の段階から摂りはじめるのがおすすめです。

葉酸を摂りはじめたからといって、すぐに効果が出るということはありませんので、妊娠をお望みの方は確実に飲み続け、気長に体質改善を目指すのが良いでしょう。葉酸はホウレンソウやブロッコリーなどの野菜や、レバーなどに多く含まれます。こうした食品を進んで取るのもよいのですが、あまり吸収率が良くないので効率的ではないでしょう・・・。

最近は気楽に葉酸が摂れるサプリメントが山ほど発売されていますから、そういったものを摂り込んでも良いと思いますよ♪

 

葉酸の不妊症への効果

どちらかといえば葉酸の持つ力で、全身の健康状態を改善するために活用されているケーズもあります。

また、マカの良い点に関しても、インターネット上の口コミサイトなどで載っているように中高年世代の男性を主としてスゴイ人気が集まっています。安全に服用する為にも葉酸やマカを使い始める場合には、かかりつけの医師や薬剤師さんにまずはお話して、的確なアドバイスを受けると望ましいと思います。

しっかり自分で成分内容や日々の摂取量の理解を深めて、葉酸なりマカの摂取を開始することは重要です。これからさらに不妊症の人々を中心として、葉酸やマカに対するニーズが高まるとみられます。

コメントを残す