葉酸には着床力・妊娠力を高める効果が期待できる!?

Fotolia_56458641_XS

妊活中または妊娠中の女性は葉酸を摂取した方が良いことで有名ですが、葉酸の詳細な効能については理解していないという方も多いことも考えられます。

ここでは、着床力や妊娠力を高める葉酸の働きに関してご紹介します。

 

葉酸は子宮内膜を強化する働きがある

着床力および妊娠力をアップさせるために、欠かす事ができない成分とされているほど貴重な葉酸。不妊対策にも欠かすことができない栄養分と見なされており、ベビ待ちの女性にとってかなり有効な効果があることが注目を集めています。

葉酸の働きの中で大切なのが、子宮内膜を強化する効能があること。

子宮内膜は、受精の後にここへ付着することで胎児形成が始まることからも分かるように、妊娠にとってはとっても大切な場所です。子宮内膜は不妊症にも関連があるとされていて、フカフカな状態で厚みのある子宮内膜なら付着も行われやすいのです。反対に薄い場合は付着しにくくなると言われています。

ここで言う付着とは、すなわち着床のことを言い、付着のしやすさは着床のしやすさと見なすことができるのです。

また、子宮内膜が強くなっていると、着床した後の受精卵をしっかり守ることができるので、着床してからの定着率も上げるということが可能です。

逆に、子宮内膜が薄い状態では確実に守ることができず、下手をしたら流れてしまうことも。そうしたリスクを回避するためにも、葉酸は常日頃からサプリメントで摂取することが推奨されているのです。

 

葉酸には血流を改善する効果も期待できる

子宮内膜を強化する働きと共に注目すべき葉酸の働きの一つが、血流を良くすることです。ビタミンB12とともに、葉酸は赤血球を作るサポート役の栄養素としても知られ、造血のビタミンという別名があるほど血流を改善することが可能です。

そのため、葉酸を摂取すると、子宮と卵巣の血流が良くなります。着床率で考えた場合、子宮内膜は血流が良い状態になるにつれて着床率もアップします。

また、卵巣については年齢に従って血流量も少なくなる傾向がありますし、卵巣へ送られる血流が少なくなれば、卵胞の成長も滞って、排卵が促されないこともあるでしょう。不安な方はなおさら、こうした危険を回避するために葉酸の摂取が必要不可欠と言えるでしょう。

さらに、妊娠力を上げる際に意識しておきたいのが冷え症です。冷え症になると、生殖機能も低下する可能性があります。これは女性だけでなく男性にも同様のことが言えます。生殖器が正しく働かなくなったり、精力の減退といった影響が出る可能性もありますので注意が必要です。

ただし、冷え症が改善されれば妊娠力も上がることが分かっています。葉酸サプリメントを摂れば貧血の予防にもなりますので、着床力を上げて着床しやすい状態を作り出すことができるのです。

 

コメントを残す