飲酒は葉酸の効果を下げる?

a1180_006589

飲酒は、適量であればリラックス効果がありストレスの軽減になりますし、血行も促進されるので冷えの解消にも繋がります。ただし、葉酸の効果を得るためにサプリメントを摂取する場合は、アルコールの摂り方に気をつけなくてはいけません。

また、そもそもこれから妊娠しようという妊活中の女性は、飲酒してはいけません!もし、妊娠したのに気づかずに飲酒してしまったら、後悔する結果になってしまうかもしれません。

 

注意して下さい!

これからお話するのは、妊活中の旦那さんや妊活や妊娠とは無関係に葉酸を摂ろうと考えている方へ向けてのお話ですのでよろしくお願いします♪

アルコールを過剰に摂取したり、毎日飲酒をしたりすると葉酸の吸収が阻害されてしまいます。
葉酸は必要な部位で毎日使われていますから、アルコールの摂取で吸収が阻害され続けると、体内に貯蓄されていた分がどんどん減っていきます。飲酒によって体内の葉酸が減ることはありませんが、吸収ができなければいつかは葉酸がなくなってしまいます。

もちろん、アルコールの葉酸吸収阻害は24時間続くわけではありませんから、次の日になれば食事などから摂取できます。

ただし、飲酒をした後で葉酸サプリメントを摂取しても、吸収されずに排出されてしまうのでまるまるムダになってしまいます。葉酸を摂取するのであれば、必ず飲酒前にしましょう。

 

葉酸摂るならお酒は我慢!

どれだけの量の飲酒をすると、葉酸の吸収が妨げられるのかというのは一概に言えません。

人によってアルコールの分解速度は異なるので、体内にアルコールが残っている時間も違ってきます。ですが、日本人はもともとアルコールに強い体質ではありませんし、基本的に酔った状態になっている間は葉酸を吸収出来る状態ではありません。

いずれにしても、妊活中の男性の場合は、この人生の一番大切な時期に飲酒している場合ではありません!会社のお付き合いでどうしても飲まなければいけない時以外は、禁酒しても良いと思いますよ!お付き合いでお酒を飲む場合も、極力断りながら飲む量を減らして下さい♪

 

コメントを残す