葉酸を妊活中に摂取する理由とは?

DI_IMG_5780500-thumb-815xauto-5853

葉酸は妊活中に摂取したい栄養素です。できれば妊娠前から摂取し始めていきたいものです。葉酸は妊娠初期の胎児の発育に必要な栄養素だからです。

葉酸は食事からとるのはなかなか難しいものなので、足りない分はサプリメントから摂取していきましょう!

葉酸不足になると胎児に病気が発生するリスクが高まります。二分脊椎症(背骨が胎内で作られる途中で背中の脊柱弓が不完全にくっついてしまって左右の分裂の病気)や無脳症(神経管の上部で閉鎖障害が起きて脳が形成不全となり、その結果体は成長するが頭部はほとんど形成されない病気)などの先天性疾患異常のリスクがあります。

葉酸を飲むことで妊娠しやすい体をつくり、健康な赤ちゃんを産むリスクを減らすためということもありますので、飲まない理由がみつかりませんよね!

 

葉酸のさらなる効果とは?

葉酸は栄養の偏りや飲酒で消費するとも言われており、欠乏した場合は正常な精子・卵子が作られない、着床がうまくいかないため受精の確率が下がって流産死産などにつながります。

また、葉酸は造血にも関わるため貧血がおきやすくなります。

妊娠中の冷えは早産、難産、不妊、つわりに影響します。葉酸は血行促進効果もあるので貧血だけで冷え性改善になります。葉酸不足で血液が作られにくくなると心血管疾患、貧血になることも。

免疫機能衰退、消化管異常が起こる可能性もでてきます。葉酸をしっかりととることで母子共に健康になります。

 

コメントを残す