葉酸はどんな食べ物に多く含まれてるの?

a0002_005904

葉酸というと、特別な栄養素に感じるかもしれませんが、実は普段使いしているいろいろな食べ物に含まれています。多く含まれている食べ物と言えば、モロヘイヤやこねぎ、パセリ、ブロッコリー、春菊、アスパラガスなど緑黄色野菜が代表的ですね。

ですが、緑黄色野菜に含まれる葉酸は平均150μgぐらいですし、水溶性ビタミンなので茹でると溶け出してしまいますし、熱に弱い性質があるので意外に十分に摂れません。

 

もっと葉酸が豊富に摂れる食べ物は?

PAK21_bistroQichigosarada-thumb-autox600-15660

葉酸が豊富に摂れると思われている緑黄色野菜よりも、100g中の含有量が数十倍にもなる食べ物があります。

それは、肉のレバーで、鶏レバーは1300μg、牛レバーは1000μg、豚レバーでも810μgも含まれています。ですので、単純に言ってしまうと、毎日レバーを食べていれば葉酸が不足することはありません。

ただし、レバーにはビタミンAもたっぷり含まれているため、毎日レバーを食べてしまうと、ビタミンAの過剰摂取になってしまいますから健康的とは言えないのです。他にも、枝豆や納豆、うなぎやうに、卵などにも葉酸は多く含まれています。

ですが、ほとんどの食材は火を通さなくてはいけないので、どうしても十分に葉酸を摂取することができなかったり、不足してしまうのですね。

葉酸不足を防ぐには、毎日の食事での摂取を意識することも大事ですが、必要があればサプリメントも利用しましょう。サプリメントは厚生労働省でも摂取が推奨されていますから安全性も高く、きちんと葉酸を補って不足分を解消することができます。

 

コメントを残す